2018 日光の紅葉渋滞を避けるには?おすすめグルメと温泉の紹介

日光紅葉渋滞

日光の紅葉を渋滞なく楽しめたらいいのに

紅葉といえば、栃木県の日光が有名ですよね。「いろは坂」をはじめ、「明智平」、「華厳の滝」の紅葉はとても素晴らしく、見応えがあります。

でも、シーズン中において王道であるいろは坂経由の道中は渋滞にはまることもしばしば。

壮大な紅葉も見たいけど、渋滞にははまりたくない。でも紅葉は味わいたいという方も多いのではないでしょうか。

今回は、「日光の紅葉渋滞を避けるには?おすすめグルメと温泉の紹介」についての情報をお裾分け致します。

スポンサードリンク
  

日光の紅葉渋滞を避けるには?

日光紅葉ロマンチック街道
日光のいろは坂の紅葉はとても見応えがあり、素晴らしいですよね。

シーズン中ともなると、いろは坂に向かう高速道路にまで渋滞が続くこともしばしばあります。

そのため、王道となる栃木方面からアクセスし、いろは坂経由の紅葉鑑賞は潔くあきらめることにしましょう!

では、どこからアクセスするのか?

おススメとしては、関越自動車道の沼田インターから国道120号にて奥日光の「湯滝」の紅葉を目指す、「日本ロマンチック街道」ルートです♪

沼田インター → 椎坂峠バイパス → 吹割の滝 → 丸沼 → 金精峠 → 湯ノ湖 → 湯滝

丸沼付近から金精峠付近の紅葉もとても見応えがあり、キレイです。

それになんといっても、いろは坂のような渋滞がありません。

湯滝に行くには、「湯滝レストハウス」を目指していきましょう。

「湯滝」は日光の三大名瀑(華厳の滝、竜頭の滝、湯滝)の一つで、湯ノ湖の湖水が流れ落ちて出来る高さ70mの滝です。

滝壷の部分に観瀑台があり、水しぶきのマイナスイオンを感じながら紅葉を楽しむことが出来ます。

そして、観瀑台のすぐ脇に落ち口に続く遊歩道が整備されていますので、「滝壺」、「側面」、「滝の落ち口」の三面から滝の姿を鑑賞することも出来るんです。

日光紅葉湯滝

所在地 栃木県日光市湯元2499
TEL 0288-62-8611
駐車場 有料:58台(県営駐車場)
無料:数台(湯滝の落ち口付近)
公式サイト 湯滝レストハウス

駐車場は、有料と無料の駐車場があります。

無料の駐車場は、湯ノ湖から湯滝に流れ落ちる落ち口(道路脇)に数台分留められるスペースがあります。

日光の紅葉を楽しんだ後のオススメグルメ

紅葉を楽しんだ後は、お腹が空きますよね。

おすすめの場所を2つ紹介致します。

おすすめ1 湯滝レストハウス

小腹が空いたときには、湯滝の滝壺脇にある「湯滝レストハウス」で休憩しましょう。

レストハウスの入口にある囲炉裏にて、新鮮な鮎の塩焼きとお団子が売られています。

鮎の塩焼きのほろにがな味と、お団子の素朴な味が絶妙です。

それに、店内では、田舎うどんやお蕎麦なども頂くことができますので、少し冷えた身体を温めることができます。

おすすめ2 源泉ゆの香

ランチを楽しむのであれば、地元の新鮮な野菜を使った心温まる料理を提供してくれる「ゆの香」さんがおススメです。

地元の新鮮な野菜を使った名物「山菜釜飯」は、とてもほっこりする味で評判です。

日光名物ゆばのお刺身、季節のてんぷら、岩魚の塩焼き等の料理も頂くことが出来ます。

温泉施設があり、日帰り入浴することも可能なので、食事の後に温泉に浸かり、リフレッシュすることも可能です。

所在地 栃木県日光市湯元2536
TEL 0288-62-2326
営業時間 10:00~19:00
駐車場 4台
温泉入浴 大人:700円
小人:500円
公式サイト 源泉 ゆの香

日光の紅葉を楽しんだ後のオススメの温泉

紅葉の散策、ハイキング等を楽しんだ後は、足湯にのんびり浸かって疲れを癒しましょう。

湯元温泉の一角に「あんよの湯」という無料の足湯施設があります。

屋根付きの比較的大きく、きれいで、なんといっても湯元温泉の源泉掛け流しです。

硫黄の匂いがする白濁の湯に足を浸ければ、至福の時間の始まりです。

所在地 栃木県日光市湯元2549
TEL 0288-62-2570
駐車場 なし(奥日光湯元温泉旅館協同組合 案内所付近の駐車場等)
公式サイト 奥日光湯元温泉旅館協同組合

スポンサードリンク

日光の紅葉渋滞を避けるには? まとめ

今回は、「日光の紅葉渋滞を避けるには?おすすめグルメと温泉の紹介」についての情報をお裾分け致しました。

如何でしたでしょうか?

日光の紅葉鑑賞では渋滞がつきものです。渋滞の車中から紅葉をのんびり楽しむのも良いですが、比較的渋滞がなく日光の紅葉を存分に楽しむことができる群馬県側からのアクセス『日本ロマンチック街道』ルートとスポットをご紹介しました。

国道120号の椎坂峠にバイパスが開通した為、奥日光までのアクセスがとても楽になりました。

渋滞ストレスを感じることなく、家族、ご友人、大切な人と思う存分、奥日光の紅葉を楽しんでみて下さいね。

関越自動車道(練馬⇔沼田) 126km、1時間20分(通常時間)
沼田IC⇒湯元温泉 1時間40分 (国道120号:金精道路)

おすすめの宿泊情報

日光は、温泉宿の宝庫ですし、観光スポットがたくさんあります。

紅葉も楽しみながら観光スポットに出掛けてみては如何でしょうか。

その中でも私がおススメするのは、「大江戸温泉物語 日光霧降温泉 日光霧降」です。大自然の絶景を堪能できる階上にある露天風呂が素晴らしすぎます! 夜は満点の星空を眺めることができますよ♪

もう一つおススメするのは、「日光中禅寺湖温泉 ホテル花庵」です。こちらの宿泊施設は中禅寺湖の入り口、朱の鳥居の目前に位置しており、全客室から中禅寺湖の絶景を楽しむことが出来るんです♪

お部屋はとても落ち着いた雰囲気で、大人の時間を過ごすことができますよ(≧▽≦)

楽天トラベル

関連記事情報

日光の紅葉についての記事は以下のものがあります。

もし宜しければご覧になり、参考にしてみてくださいね♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする